『一生お金の不安なく、好きなことして生きたい』。強く楽しくたくましく生きる、とある女性起業家の成長録

ひとろぐ

旅行

絶景を見よう!屋久島登山の前に知っておくべき8つのこと

更新日:

屋久島の遊びといえば登山!

もののけ姫の舞台の森や、屋久島を一望できる太古岩など見所満載。そしてなんといっても、樹齢4000年以上の縄文杉が圧巻です!

ひーこ
デカい!デカい!こんな樹がこの世に存在するなんて( ゚Д゚)

でもお目当ての縄文杉までは、片道平均5時間となかなか大変。

そこで、実際に登って感じた登山のコツをご紹介したいと思います。

 

①登山靴は必ず履くべし。

登山を甘く見たらいけません。屋久島は雨も多く道は木や苔が多いので、気を抜くと結構滑ります。登山靴は屋久島のレンタル屋さんで、1,000円で借りることができるます。是非装備を整えてから登ってくださいね。

 

②バッグはリュックがマスト!

登山の時、木や岩を掴むので両手を使います。お弁当や水分など荷物は多いですが、荷物は分けたりせずリュックで必ず両手は使えるようにしておきましょう。リュックも、レンタル屋さんで500円程度で借りられますよ!

 

③便利グッズを持って行こう

レインコート、携帯トイレ、軍手、タオルはあるととっても便利!タオルがあると沢で一休みしながら足をつけても気持ちいいですし、汗も拭けます。あと屋久島は雨が多いのでレインコートも便利だし、トイレもほぼないので携帯トイレもあると安心です。

 

④登山計画をきちんと立てよう!

縄文杉に登山する時、登山口まで交通規制がかかっているので専用のバスで行かなくては行けません。バスは朝5時から6時までのみ。もし朝7時にバスの発車口に着いてしまったら、バスがない・・・。そんなことにならないように、お弁当の受け取り時間やバス停まで何分かかるのか?計画を立てておきましょう。

 

⑤お弁当は宿の人に前日までに頼んでおく

屋久島にはコンビニがありません(今はあるか?確認必要)。片道5時間往復10時間。お弁当なしでの登山はおすすめしません。お弁当は前日までに宿などで予約しておくことをオススメします。朝4時までに宿に届けてくれます。

 

⑥水は山で汲んでもOK!

水分は必要だけど沢山もっていくと重いので、それだけで体力消耗してしまいます。そこでお勧めは、500mlのペットボトル2本持って登山することです。水道や自動販売機は多分ないので、登山中に水が無くなったら沢の水で補給。そうすると、大量の水分を持ち歩く必要もなくなります。

しかも屋久島のお水は美味しい!山が不純物をろ過して、天然のミネラルウォーターが出来上がります。日本名水100選にも選ばれているので、ぜひ飲んでみてくださいね(^-^)

 

⑦ピンクマークで迷子防止!

地元の人に屋久島登山でなぜ死者がでるの?と訪ねたところ、『迷子になるからだよ。一度登山道を外れたら戻れないからね。』とのことです。ぞーーーーーーーΣ(゚Д゚)登山道には木にピンクのテープがついています。それは『ここは登山道ですよ』という合図なので、見失わないように注意してください。

 

⑧ガイドさんに山の話を聞いてみよう!

ただ山に登るだけならガイドさんなしでも問題はないですが、屋久島は独特の生態系があるのでガイドさんにお話を聞いてみるのも楽しいですよ!そしていろんなキャラのガイドさんがいるので、こんな方がいい!とリクエストしてみるのもいいかもしれません。

 

屋久島の登山以外の楽しみ方

温泉

屋久島はとにかく温泉がいい。
海の近くに無料の露天風呂があったり、ホテルに海が一望できる温泉があったり本当に素敵です。おすすめは夜に海近くの露天風呂に行って、星空を見ながら温泉に入ることです。

カヌー

マングローブの川でカヌーが楽しめます。飛び込みも出来て、男性も子供も楽しめます。

カフェ・雑貨や巡り

屋久島は移住者が多いので、おしゃれなカフェや雑貨屋さんが点在しています。登山の次の日はおそらく疲れていると思うので、ドライブでカフェや雑貨屋、温泉でのんびる過ごすのもいいですよね^^

ワークショップに参加する

ろうそくを作ったり、染め物をしたり楽しみ方は色々。

 

屋久島を訪れて素敵だと思ったところ

住んでる人みんなが屋久島が大好き!
移住者の人や現地の人とおしゃべりを楽しむのもいいですね。

内地から移住してくるアーティストさんも多く、おしゃれなカフェや屋久杉を使った小物を作る木材屋さん、島の素材を使った手作りアクセサリー屋さん、絵描きさん、手作りキャンドル、陶芸ギャラリーなど様々な素敵なお店に出会うことが出来ました。きっと屋久島が引き寄せているんですね(^-^)

特に島の右サイドの南側。
安房から平内という地区にかけてお店が集中しています。島を巡る時はバスも有るのですがなかなか不便でしかも高い…。ですのでレンタカーをお勧めします!

昼くらいからのんびりお店を回って、カフェでお昼を食べて、キャンドル作りでもしながらお店の人とおしゃべりして夕方にはお店が閉まるので、夕日を見ながら展望露天風呂。

なんていかがでしょうか?
登山の疲れも、日々の喧噪も吹っ飛んじゃいますよ(^^)

 

ひーこ
楽しみ方は沢山!
屋久島旅行の日程はゆっくり計画したほうがいいですよ。

安全で楽しい登山してくださいね(^-^)

 

-旅行
-

Copyright© ひとろぐ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.