ウユニ塩湖で天空の鏡を見ていても、1日3万円の売り上げで人生最高だと思った話

こんにちは!ひーこです。

今日も働きながら自由に旅する方法
についてお話していきますね。

※写真に写ってる人は私です!

 

今日は私が旅中にどんな感じで、
報酬を発生させているのか具体的にお話していきます。

これでさらに、
サイトアフィリエイトのイメージが湧いていくと思います。

ではでは、
物語形式でお話していきます。

 

私は以前、
会社員の友達と二人でのウユニ塩湖メインに南米を周遊する旅に行ってきました。

12泊13日だったかな?

時間はないけど
せっかく南米に行くんだから、

出来るだけたくさん色んなものが見たい!
という事で強行ツアーを決行。

この日程で、
ナスカの地上絵、マチュピチュ、ウユニ塩湖、チチカカ湖を巡る事にしました。

かなりの弾丸ツアー。

一つでも予定が狂えば、
ミッションコンプリートできなくなる。

それでも会社員の友達にとっては、
約2週間の休みを取るというのは本当に大変。

私はその時、起業して3年目くらいだったかな。
だからもう自由で。

私は友達と旅ができるのは、
最高な経験だと思っているから

会社員の友達に合わせて旅をすることにした。

 

旅は成田空港から。

まずアメリカのダラスに飛び、
トランジットがあったのでケネディ大統領のあった場所を見学。

そこからペルーへ。

その日は街をプラプラして、
次の日ナスカの地上絵へ。

天気予報では曇り予報だったので、
地上絵が見れるか心配だったけど

なぜかセスナに乗る時だけ晴れた!!!!

ということでセスナに乗って、
バッチリかわいい宇宙人やわしの地上絵を見ることができました。

これでひとつミッションコンプリート。

 

そこからクスコへ。
クスコは街中が石畳でかわいい。

民族衣装を着た人も多くて、
リャマと一緒に写真を撮れたり。

のんびりした雰囲気が素敵だった。

マチュピチュへは観光電車で向かう。

道中は爆睡でほぼ記憶なし。

マチュピチュ村に着いたら、
その日はぬるーい温泉に行って疲れを癒してビールで乾杯。

 

早朝バスに乗り込んで、
マチュピチュにいよいよ向かう。

いよいよ、見えてきた。

着くとまだ薄暗かったけど、
朝霧ですごく幻想的。

やばい、めちゃくちゃかっこいい!!!

着いたらテンションMAXで
二人で写真を撮りまくる。

マチュピチュを見下ろす写真、
ジャンプ写真、リャマと、ジャケ写取りなどなど。

どんだけ撮るんだよ!
ってツッコミが入るくらいしこたま撮りました。

一通り終わって、
気が済んだら散策。

途中ガイドさんについてもらったんだけど、マチュピチュの歴史がわかってすごく面白かった。

マチュピチュの他にも
まだ隠れている遺産があるらしい。

インカ文明は奥が深いなぁ。

そのあとワイナピチュに登り、
マチュピチュの見下ろす絶景を見てクスコに帰ってくる。

 

そこからボリビアに向かい、
ウユニ塩湖へ。

その日は超天気が良くて、
前の日雨が降ったとかで超好条件。

絶景の期待大!
車で塩湖に着くと….。

ぎゃーーーーー!!!!
天国ーーーーーー。+゚(゚´Д`゚)゚+。

 

青い空に白い雲。
それが水面に映って空と陸の境目がなくて

吸い込まれそう。

日々のストレスや、
人生の悩みなんてどーーーでもよくなっちゃう。

視線の先にずっと空と雲が続く。
素敵すぎる景色にしばらく意識が飛んでた。

 

じっくりとウユニ塩湖の美しさに浸ったら、
あとは大写真撮影大会。

塩の陸地を探して、

リュックに入る人とか
ゴジラに追いかけられる小人とか
サザエさん風にミカンから出てくる小人とか

ざっと100枚は撮ったと思う(笑)

そしてウユニ塩湖で食べる
絶景ランチは本当に最高だった。

 

2泊して星空を狙ったんだけど、
結局星空は見ることはできなかった。

でも2日間一緒に過ごして、
仲良くしてくれたガイドさんカップルにはすごく感謝。

写真も沢山撮ってもらったし、
一緒になって遊んでくれた。

人との出会いは旅を豊かにする。
やっぱり旅はいいなぁと思った瞬間だった。

 

そこから陸路で国境を越え、
チチカカ湖へ向かう。

チチカカ湖はめちゃくちゃ遠いんだけど、
私は行ってよかったと思ってる。

観光地化されているものの、
水草の上で生活はやはり興味深い。

いざ行ってみると
水草の上はなかなか揺れる。

言い過ぎかもしれないけど、
頑張れば島ひっくり返せるかもしれない。

私達は民族衣装を借りて、
チチカカ湖の人達と同じ服を着て旅をしたんだけど

自分たちと同じ服を着て
島で跳ねてはしゃぐ日本人を見て

微笑ましかったんだろうなー
心なしか他の人より優しくしてもらえた感じがした。

家の中を見せてもらったり、
船で回ったり、
漁を見学したり

時間はあっという間で、
いつかまた来たいと思わせてくれるような場所だった。

 

あっという間に旅は終わり、

超過密スケジュールでフラフラだったけど
なんとか全て無事ミッションコンプリートできた。

せかせかする旅は大変だけど、
やっぱり大好きな友達との旅は格別だ。

こんな過密スケジュールを
一緒にこなしてくれた戦友の様な友達に、

感謝の気持ちでいっぱいになった。

最後のトランジットで行ったマイアミで、
クタクタになりながらビールで最後乾杯したのは一生の思い出だ。

 

そして南米は、めちゃくちゃ面白い!

怖いイメージがあったけど、
素朴でのんびりしていて親切ですごく居心地がいい。

またいつかウユニ塩湖の星空を見に来たいと思う。

おしまい。

 

日本に帰ってきて、
2、3日休んでから仕事を開始した。

最初に報酬を確認したんだけど、
毎日しっかりと3万円前後の報酬が上がっていた。

この楽さにちょっとビビった。

旅中に私がやったことと言えば、
WIFIがある時にスマホでたまーにメールチェックしたくらい。

ほぼ、何もしてない。
でも、報酬は上がっていた。

 

なぜこんなことができるのかというと
まず旅に出る前にがっつりサイトを作り込む。

するとGoogleが勝手に集客してくれて
報酬が上がる仕組み。

やっぱりサイトアフィリはいいなぁと思った。

 

旅をして毎回痛感するんだけど、
サイトアフィリと旅人はめちゃくちゃ相性がいい。

私も元々自由に旅ができるきっかけとなったのは
サイトアフィエイトのおかげでした。

実業や他のネットビジネスや、
アフィリエイトより

やはり『放置できる』という部分が本当にいい。

やっぱり旅にでると
遊びたいし疲れるしそんなに仕事できない。

そうなると仕事できないから、
放置で報酬が上がるのは

旅人にとっては本当にありがたい。

 

友達と韓国で焼肉食べてる時も、
アメリカでバーニングマンに参加していても
スペインのトマト祭りでトマトを投げている時も、

サイトが働いてくれているので、
ずーっと報酬は発生し続けています。

そして収入があれば、
旅をしていても安心できますよね。

だから自由にお金を使える様になる。

 

モロッコで
カラフルでかわいい雑貨を買い物したり
パラオでダイビング三昧したり

アメリカでブロードウェイを見ても

お金が入る。

もし収入がないと
アクティビティや買い物は

高いしやめておこう…。
諦めなくてはいけなくなる。

でも、それもやっても大丈夫。
値段を気にせず好きなものを躊躇なく買えます。

 

サイトを作って
ものが売れる状態する。

何にもしなくても
Googleが人を集客してくれる。

来てくれた人が
勝手に商品やサービスを買ってくれる。

最高ですよね。

この仕組みは、
本当旅人にとっては神レベルだと思います。

こんな世界もあるんです。

 

ここまで自由に旅をしたいなら、
サイトアフィリエイトは超おすすめ。

旅人とサイトアフィリエイトは、
めちゃくちゃ相性がいい。

ということを話してきましたが、
いかがでしたか?

時間もお金も自由な
旅仲間を沢山作りたいと思っているので

こんな世界を手にいいれたい!
と共感してもらえたら嬉しいです。

今日はここまで。
ありがとうございました。

 

無料メルマガ講座はじめました!

私は自由に旅をしながらでも、月180万円以上稼いでいます。

私も昔『どうしたら働きながら旅ができるんだろう?』ずっと考えてきました。

色々やってみて、ネットを使ってビジネスをすると時間も場所も自由になることが分かりました。

でも、ただ闇雲にやっても、なかなか成功できません。

正しい知識を学んで、正しい方向に努力し続ければ、誰でも月30万円くらいは稼げます

私がどんな方法で、稼いでいるのか?具体的な方法を無料メルマガで公開しています^^

↓↓クリック↓↓