ウユニ塩湖のベストな時期は?タイプ別観光シーズンを教えるよ。

一生に一度は行きたい場所、ウユニ塩湖。

でもかなり遠いので、せっかくならベストなシーズンに行きたいですよね!

ここではウユニ塩湖にいつ行くべきか?

その時期について、実際に行って感じたことを紹介していきます♪

 

ウユニ塩湖の観光シーズンはいつ?

ウユニ塩湖のベストシーズンは、
ウユニ塩湖で何が見たいか?何をしたいのか?

によって変わります。

一般的には、

『天国の鏡』と呼ばれる
空が湖に映り鏡ばりの様なきれいな景色を見るか

真っ白な塩の大地で
トリックアートなどをして遊ぶか

この2つ。

 

どちらが見たいか、
やりたいかによって時期を決めるといいでしょう。

なので人によってベストシーズンは違いますね。

テレビなどでよく特集されている鏡張りの世界なら、
観光シーズンは12月から2月の雨季です。

逆にトリックアート狙いなら、
6月から10月頃の乾季を狙いましょう。

では、順番に見ていきましょう。

 

乾季に行くメリット

トリックアート写真を撮るなら、乾いた時の方が断然いいです。

水があると姿が映ってしまって、あまりいい遠近加減にならないそう。

なのでトリックアートをメインに考えるなら、6月から10月の乾季がオススメです。

雨期でも十分トリックアートは楽しみましたが、
塩で真っ平らなベストコンディションでも撮影してみたかったです。

 

乾季は行けることろが多い

ウユニ塩湖は塩湖だけでなく、見所がたくさんあります。
例えば人気なのは、魚の島(イスラ・デ・ペスカード)。ここは雨期だと水が多すぎて島まで辿り着くことができません。

その他にも、2泊3日以上のツアーだとネクロポリス、ラグーナ・コロラダやラグーナ・ベルデ、奇岩、フラミンゴが見れる湖、間欠泉、温泉などにも行くことができます。

 

乾季は星がキレイに見える確率が高い

塩湖に映った星は見れませんが、周りに灯りが無いのでめちゃくちゃキレイな星が見れるそうです。

空気が乾いてるので星がキレイに見えるのと、降水確率が低いので雲が無い日が多い。

チリのアタカマ砂漠なんかも星が有名ですが、同じ南米の高所ですから似てるくらいの星が見れるかもですね。なので星は、乾季も実は狙い目。

 

確実に塩湖を楽しみたいなら乾季

乾季は完全に白い大地が地平線まで続くそうです。

そんな景色も見てみたかったなーと思います。

私達は雨期だったので、水量が多すぎて魚の島には行けていません。

乾季だと魚の島や塩のホテルなど、ほぼ確実に行くことが出来ます。

朝夜は冷えるようですが、気温も比較的暖かいので温泉にも入り易いでしょう。

 

雨期に行くメリット

天国の鏡が見たいのでれば、
雨期の12月から2月がおすすめです。

もくもくの真っ白い雲が塩湖に映り、この世のものとは思えないほどきれいでです。

まさに天国。

ただこれは運次第で、
雨期に来たからといって誰でも見れるわけではありません。

私たちは2月に行ったのですが、
夜はそこらじゅうで雷がピカピカ。

日中は晴れているのですが、
夜は雨だったり厚い雲に覆われていたり。

夜はあまり天気はよくありませんでした。

でもそのおかげで日中塩湖に空が映って、とっても素敵な景色が見れました!

これを見るのが夢だったんですよねー♡

とはいえ、1月に来た日本人は天国の鏡は一度も見ることができなかったそうです。

雨期に来たのにかわいそうですよね…。

 

雨期でも行ける観光地

雨期でも行ける観光地は、塩の博物館、鉄道の墓場、塩の結晶など。 ラグーナ・コロラダやラグーナ・ベルデも行けるらしいんですが、天気が悪いと絶景のはずがただの湖に見えてしまうそう。

 

ツアーに支障が出やすい

塩湖に水が多すぎると予定していたツアーに行けない可能性が出てきます。特に魚の島は水位に影響するので行けなくなる可能性は高いです。

星空も雨期は雲が多いから、見れないことも。雨期は鏡張りはいいですが、余裕を持った日程や最悪だめでも塩湖さえ見れればいいやくらいの心持で行った方がいいですね。

 

寒いので体調管理が大変

ウユニ塩湖の雨期は結構寒いです。

私達が行った時は、昼間は長そで長ズボンで大丈夫でしたが、夜はそれプラス薄手のダウンやポンチョなどを着こんでいました。

風邪を引かないように重ね着できるようにしていきましょう。

 

塩湖に映った満点の星空が見たい!

わたしたちも塩湖に映った星空を見たかったんですが、これはかなり条件が揃わないと難しいようです。

天国の鏡が出来るということは、『雨期』。

特に夜は天気が崩れやすく雨が降りやすいので、満点の星空を見ること自体が難しいです。

なのでどうしても見たい人は、
現地に滞在し時間をかけて粘り強くタイミング待つこと。

今日は見れるよ!って日に、ツアーを予約していくのがベストです。

その為にはある程度日数が必要ですね。

 

私達は2日チャンスがあったんですが、1日は悪天候で中止。

 2日目は星は見れたけどちょっとだけ。

しかも湖に映らない…。

たまに雨季でも見れたー!という人もいるので、運次第ですね。

もしかしたら満点の星空写真は、現地のプロカメラマンの努力の結晶かもしれません。

 

トリックアートも天国の鏡も見たいなら3月!

なので天空の鏡も見てトリックアートも楽しみたいのであれば、3月が一番可能性が高いです。

現地ガイドさんに聞いたところ、3月は晴れと雨が半々づつくらいあるので両方見れる可能性が一番高い月だそうです。

晴れと雨を繰り返すことで、それぞれの場所を探しやすそうですね。

 

 2月にはカーニバルもあるよ!

天空の鏡狙いであれば、
2月に南米3大祭りの『オルーロカーニバル』と合わせて行っても面白いかもしれません。

オルーロカーニバルはブラジルのサンバカーニバルのように、衣装を着た人達が街を練り歩きます。

といってもあんなに派手な衣装ではないですが、アンデスの伝統的な衣装です。

なんでも出場者の日にちが決まっていて、こどもの日、女性の日、男性の日、みんなで踊る日と曜日によって分かれているそうです。せっかくならみんなで踊る日を見たいものですね。

 

なんといっても『オルーロカーニバル』は、
世界無形文化遺産に登録されているのでそれを見れるだけでも魅力的ですよね。

日本ではあまり有名ではないですが、
地元の人たちにはとっても愛されています。

シーズンでは、いたるところで踊っている人を見かけます。

ウユニやラパスでもやっていて、1年で一番盛り上がるそうですよ!

まぁ、その代わり道路や国境は激混みですけどね。

おかげでチチカカ湖に行く時の国境では、かなりドキドキさせられました。

 

 ウユニ塩湖の行く時期・ベストシーズン まとめ

ベストシーズンは、何をしたいか?によって人どれぞれです。

・天国の鏡が見たいなら、雨期の12月から2月。

・トリックアートがしたいなら乾期の6月から10月。

・雨季も乾季も楽しみたいなら3月がおすすめ!

でも全て運次第!

できるだけ余裕をみて計画を立てくださいねーヽ(*´∀`)ノ

 

 

無料メルマガ講座はじめました!

私は自由に旅をしながらでも、月180万円以上稼いでいます。

私も昔『どうしたら働きながら旅ができるんだろう?』ずっと考えてきました。

色々やってみて、ネットを使ってビジネスをすると時間も場所も自由になることが分かりました。

でも、ただ闇雲にやっても、なかなか成功できません。

正しい知識を学んで、正しい方向に努力し続ければ、誰でも月30万円くらいは稼げます

私がどんな方法で、稼いでいるのか?具体的な方法を無料メルマガで公開しています^^

↓↓クリック↓↓