人生一度は行って欲しい『おすすめ旅行』。世界33カ国旅した筆者の体験談

海外30か国以上、国内は離島を中心に旅してきた私ですが、その中でも特に思い出に残っていて、ぜひみんなに体験して欲しい!という旅をまとめてみました。

なかなかパンチの効いているものもあるので、人生のスパイスに。たった一度しかない人生の素敵な思い出作りに、役立てたら嬉しいです。

それでは、いっきまーす!

 

第1位 ピースボートで世界一周

今から10年以上前ですが、ピースボートというNGOが運営する世界一周の船に乗りました。3か月で13か国、南半球を巡る旅でした。

実は、初めての海外旅行がピースボートでした。

そのせいもあるのか、やはり思い出深い。ただ旅をするだけというよりかは、旅を超えてここでしかできない体験をしにいった感じ。

旅が大好きという価値観が一緒の友達ができたのも初めてだったし、話したことなくても一緒に3か月過ごすことで家族の様な存在になれました。

そんな仲間と世界の絶景を見たり、貴重な体験ができて、私の人生を確実に豊かにしてくれました。

一緒にピースボートに乗った仲間たちとは、10年以上たった今でも交流があり、飲みに行ったり、キャンプしたり、旅したり、結婚式に参加したり。

一生モノの体験と仲間を作りたい人は、ピースボートがおすすめです!

 

第2位 ケニアでマサイ族に会いに行く&動物楽園ツアー

ピースボートで行ったケニアのマサイマラ国立公園。

世界ウルルン紀行というテレビ番組に憧れていた私は、マサイ族に会いに行くツアーに行きました。マサイ族というと、ライオンと戦ったり気性の荒いイメージがありますが実際は陽気で親切。

一緒にマサイジャンプをしたり、国立公園を散歩したり、牛の糞でできた家を見学させてもらったり、朝まで女性の好みについて語り合ったことは一生の思い出です。

学校にも訪問したのですが、日本人が珍しいのか歓迎ムードがヤバかった!踊りも沢山見せてもらったし、車に乗りむとみんなが走って追いかけてきて、どこぞの芸能人になった気分でした。

そしてマサイマラ国立公園で野生のライオン親子や、ゾウやキリンの群れを見てテンションが上がりまくったのもいい思い出です。

 

第3位 ウユニ塩湖で天国の鏡を見る

ピースボート友達と行った13泊15日の弾丸南米ツアーは、とにかくハードだったけど夢を叶えまくった旅でした。

マチュピチュ、ナスカの地上絵、ウユニ塩湖、チチカカ湖と周ったんですが、中でも最高過ぎたのがウユニ塩湖の天空の鏡と呼ばれる景色。

濃いブルーがキレイな空が、平らで真っ白な塩の湖に映ってまさに天国。空と湖の境目がわからない。ずっとぼーっとしていたくなる。眺めているだけで幸せになれる絶景でした。

この景色を見ながらのランチは最高。

あと落差のない平坦な場所なので、トリック写真を撮るのにハマりました。ツアーの予定を変更して、変な写真を撮りまくり。

星空が見れなかったのは残念でしたが、人生一度は見て欲しい最高の絶景でした。

 

第4位 フランスで野鳥と一緒に空を飛ぶ

Dans le ciel d’Auvergne : voler avec les oiseaux from Auvergne-Rhône-Alpes Tourisme on Vimeo.

昔、世界弾丸トラベラーで田中美保さんが、世界の果てまで行ってQでベッキーさんがやっていた、渡り鳥グースと一緒に飛ぶという番組。

私はこれを見てめちゃくちゃ憧れてしまって、せっかくフランスに行くなら絶対やってみたい!と思い、このためだけに飛行機で南フランスの田舎街オーリャックへ。

野鳥と一緒に空を飛ぶと言ってもイメージできないかもしれないですが、本当に一緒に飛ぶんです。野鳥がVの字になって飛んでいるところに、自分も一緒に並んでその一部になります。

熱気球とモーターパラグライダーがありますが、鳥と一体化するなら断然モーターパラグライダーがおすすめ。一瞬飛んでいる鳥にタッチできたり、気分はもう鳥です!鳥!

私は夕方に飛んだのですが、沈んでいく夕日と野鳥と南フランスの絶景がマジで感動します。費用は6、7万円と高めですが、全て野鳥の保護に使われます。

公式サイト>

 

第5位 種子島のロケットの発射

本当はNASAで見たかったロケットの発射。

なかなか打ち上げ予定のいい情報を見つけられず諦めかけていたけど、友達と九州旅行する時にちょうどロケットが打ち上げがあることを知り、種子島行き決定!

種子島はそんなに観光名所があるわけではないけど、とにかく人が優しくて食べ物がおいしい。あとJAXAを見学できる。ロケットと写真を撮ったり、宇宙の事を知れたり、子供から大人まで楽しめる。

ロケットの発射は長谷公園から見た。祭りみたいになっててすごい人。カウントダウンが始まり、すごい音と共にロケットが発射する。

ゴゴゴゴゴゴゴーーー!!!!
すごい音!!!マジで大迫力だった!!!!!

あと私が大好きな漫画『宇宙兄弟』の作者、小山 宙哉さんが来ていて一緒に写真を撮りサインをもらうことができてWでラッキーだった。

いつか子供が出来たらいい勉強になるので、絶対連れて来たいと思う場所でした。

 

第6位 砂漠でキャンプ

ピースボートで訪れたナミブ砂漠。

本当はオプショナルツアーをとっていましたがキャンセルして、友達と現地のツアー会社に申し込んで砂漠キャンプしました。

なぜか現地の人のお宅に訪問したり、現地の人と一緒に食事したり、寝泊まりして仲良くなったり。ガヤガヤわけわからない感じがなんか楽しい。そんな旅でした。

砂漠はめちゃくちゃ広い!そして登るのが大変!
でも砂漠でバギーは迫力満点で面白いし、雄大な景色は人生で一回は見るべき絶景でした。

砂漠キャンプはモロッコなどでもやっています。アラビアンナイトのようで、すごく雰囲気がいいみたいなのでそっちもおすすめです。

 

第7位 ミュンヘンのオクトーバーフェスト

ビール好きにはたまらない、世界最大のビールの祭典オクトーバーフェスト。

世界最大と言われるだけあり、ビールの種類も、コスプレ美女の数も、酔っ払いの数も世界一。

なぜかジェットコースターなどのアトラクションもあり、ビールを飲んでから乗り物に乗って、また酒を飲むという酔っ払いを増長させるクレイジーな祭りでした。

おすすめは、現地の人に混じってドイツの民族衣装を着て祭りに参加する事。

男性用・女性用もあり、高くて本格的なものもありますが、6000円くらいで一式揃う割安なものも駅や街中で簡単に購入することができます。

現地人に混じって民族衣装で歩るけば、現地の人と一瞬で仲良くなれます。ヨーロッパ中、世界中からこの祭りを楽しみに集まってくるだけあってすごい盛り上がりでした。

 

第8位 ラオスでゾウと子供と川遊び

ラオスの世界遺産の街、ルアンパパーンでゾウと現地の子供たちと川遊びをしました。

ゾウに乗ったり遊べるのは、タイやマレーシアなんかでもやってきたんですが、ガチで川で泳いで一緒に遊べたのはここだけでした。

民家から1人1頭ゾウに乗り、街をゾウに乗って練り歩く。そしてそのまま川に突入!えぇぇぇぇえーー!!!という間もなく、あっという間に川の中へ。

子供達もゾウの上に乗ってきて、みんなで飛び込んだり、ゾウに水かけられたり、一緒にはしゃぎまくり。その後わたしはゾウに乗るのに失敗し、100mくらい川で流されたんですが誰も助けてくれない(笑)

ちょっと危ないですが、ここでしかできない体験なのでぜひやってみて欲しいです。

 

第9位 タイの水かけ祭り(ソンクラーン)

タイの有名な祭り、ソンクラーン。
確かタイの旧正月を祝う祭りなんですが、街中が大騒ぎ。

正直ゆーても観光客にはそんなに水はかけてこないだろう。
とたかをくくっていましたが、そんなことはなく、全力でかけてくる。

観光客は水鉄砲だけど、恐ろしいのは現地の人。

氷入りのキンキンに冷えた水を頭からぶっかけられる。大人も子供も男も女も関係ない。全員がおもいっきり狙ってくる。灼熱のタイでも風邪ひくくらい涼しくなります。笑ってるけど、街中がもう戦いです。

最終的にはブチ切れて友達と水鉄砲を買い、現地の人と一緒にトラックに乗り込み、街中の人に水をぶっかけまくるという謎の状態になっていました。

私はチェンマイで参加したので現地の人が多かったですが、バンコクのカオサンロードなんかは観光客同士の水の掛け合いがすごいみたいです。

なんだかんだとても楽しいので、ぜひ参加して欲しいです。

 

第10位 富士登山の星空&ヘッドライトが黄泉の国みたい

ピースボート仲間女子8人で登った富士登山。

私は体力には自信があったので余裕だろうと思っていましたが、まんまと高山病にかかりかなり苦戦しましたが富士山の景色は絶景。

影富士や逆さ富士も綺麗ですし、9合目に一泊して、深夜まだ暗い中登り始めた時の満点の星空は最高。

高所だから星が近くて、頑張れば手が届くんじゃないかと思ってしまうくらい。そして沢山の人が登るので、ヘッドライトの光がなんとも幻想的。行ったことないけど、黄泉の国みたい。

高山病でフラフラでしたが、みんなで励まし合い、休憩の中の景色に癒されながら、なんとか頂上で最高のご来光を見ることができました。

下山後、そのまま温泉と富士急ハイランドに直行し一日遊び倒し、その後3日間寝込むという。若気の至りもいい思い出です。

 

第11位 イースター島でバイクで一周

旅人の憧れイースター島。

これもピースボートで行ったのですが、ツアーも良いけどバイクで旅するのもとても面白かったです。

本当は友達と2人でバイクを借りるつもりで国際免許も取得していきましたが、私は背が低く足がとどかなかった為2人で乗ることに。

運転は友達がして、私はタイムキーパーと地図係。意外と見所が多く、大きな穴?やちょっとした山登りも楽しめます。

なんといってもモアイ像を眺めている時間が最高。
ここに来て良かったー!と思える場所でした。

島の周りでは子供たちがボディーボードをして楽しそうに遊んでいて、あと星と海がキレイなので、今度は島に一泊できるように個人で来たいと思いました。

 

ランキング入りはしませんでしたがその他にも、

大東島でクレーン入島、阿智村の日本一の星空と天の川、スペインのトマト祭り、アンコールワット&ベンメリアで世界遺産巡り、ミャンマーのバガン遺跡を巡る旅、モンサンミッシェルの夜景が最高すぎる旅、ハワイで友達の結婚式に参加する、イタリア&ドイツに住んでみる、モロッコで蒼の世界に浸る旅、などなど…。

全部近差で、本当はランキング入りさせたい思い出深い旅でした。

本当はまだまだあるんですが、また別の機会に紹介したいと思います。

ついでに今後狙っているところも紹介します。

 

今後狙っているところ

リオのサンバカーニバル

絶対行きたい!と言い続けてわりにまだいけていない所。ブラジル危ないし、チケット取るの大変そう。でも近い絶対行きます!

 

火山の噴火を見る

ハワイで見ようと思って見れなかった火山の噴火。生命の神秘を感じたい!

・コンゴ共和国のニーラゴンゴ火山
・エチオピアのエルタ・アレ
・バヌアツ共和国のマルム火山
・バヌアツ共和国のベンボウ火山

なんかが見れるらしいけど、エチオピアのエルタ・アレが行きやすいと思うので狙ってます。

 

アメリカのバーニングマン

バーニングマンは、世界最大の奇祭と呼ばれ、年に一度約一週間に渡ってアメリカ北西部の荒野で開催されています。

どんな祭りかと言われると行ったことないのでわかりませんが、とにかく自由なイメージ!そしてクレイジーでエコ!なんだかよくわかりませんが、行ったら感想報告します。

長く旅について語ってきましたが、そろそろまとめに入りたいと思います。

 

友達のとの旅は格別

どこに行くか?何をするのか?も大事ですが、誰と行くのか?というのも旅の醍醐味。

友達と予定を合わせて、やんや言いながら計画して、一緒に貴重な体験や絶景を共有できるのは最高です。

旅の後も「あの時、楽しかったよねー」とか、思い出話ができるのがいいですよね。一度一緒に旅をした友達とは、一生仲良くいられると思う。

仕事が忙しくなったり、結婚、子育てがあるとなかなか行けなくなってしまうから、一つ一つの旅を大切にしたいですね。

 

一人旅のドキドキ感や出会いも最高

友達との旅も最高だけど、一人旅の自由さもなかなかいい。

一人旅だと予定を気まぐれに変更できたり、出会いの数が増えるから面白い。

私はしょっちゅう迷子になるし、よくガイドブックを忘れて旅をするので、沢山の人達に助けてもらう。そして仲良くなる。

もしかしたら迷惑なのかもしれないけど、有り難いことに今でも仲良くしてくれている友達もいる。

出会いやトラブルの数だけ旅が特別なものになる。

そんな気がしています。

 

人生一度は行って欲しい『おすすめ旅行』まとめると..

最後に何が言いたいのかというと、旅っていいよねってことです。

非日常が味わいながら、日常のありがたさを実感できる。

普通じゃありえないことが起こる。

価値観の合う友達が見つかる。

友達との絆が深くなる。

自分ってスゲーじゃん!とか、
天才かよ!とか自画自賛して、わけのわからないパワーが湧いてくる。

いいこと尽くしです。

旅好きの方も、これから旅に行く方も、ぜひ私のおすすめ旅行も行ってみ欲しいです。

そして感想聞かせてください。

酒でも飲みながら、盛り上がりましょう。

そして、旅好きの方おすすめがあればぜひ教えてください。

私も参考にして、行ってみたいと思います。

長くなってしまいましたが、人生一度は行って欲しい『おすすめ旅行』。世界33カ国旅した筆者の体験談終わりたいと思います。

では!!!

 

無料メルマガ講座はじめました!

私は自由に旅をしながらでも、月180万円以上稼いでいます。

私も昔『どうしたら働きながら旅ができるんだろう?』ずっと考えてきました。

色々やってみて、ネットを使ってビジネスをすると時間も場所も自由になることが分かりました。

でも、ただ闇雲にやっても、なかなか成功できません。

正しい知識を学んで、正しい方向に努力し続ければ、誰でも月30万円くらいは稼げます

私がどんな方法で、稼いでいるのか?具体的な方法を無料メルマガで公開しています^^

↓↓クリック↓↓