『一生お金の不安なく、好きなことして生きたい』。強く楽しくたくましく生きる、とある女性起業家の成長録

ひとろぐ

旅行

御蔵島でイルカと上手に遊ぶ方法。もう可愛すぎて悶絶しまくった話

投稿日:

 

国内でイルカと泳ぎたいなら、御蔵島!

ひーこ
知る人ぞ知る野生のイルカが住みついている島です。御蔵島でイルカと泳ぐ方法や、御蔵島の魅力についてご紹介します!

 

 

御蔵島に行く方法は基本2つ

①フェリーで行く

東海汽船の大型客船 橘丸で、東京(竹芝浅橋)22:30発・御蔵島着5:55。約7時間の長旅です。船では寝ていたらいつの間にかつく感じになります。

②飛行機で行く

飛行機で行く場合は、調布空港から三宅島まで飛行機に乗ってそこからフェリーで御蔵島に入る感じです。八丈島にも飛行機は着くのですが、八丈島から御蔵島が遠いのでおすすめできません。

③ヘリコプター

東邦航空が出していて、時間を最も節約できます。ただ大島からになるので、結局はフェリーに乗って行くのが便利です。

 

ひーこ

私は前日の夜予定があったので、行きは三宅島まで飛行機、帰りは船という形にしました。飛行機は小さくて超揺れる!私は爆睡して気づきませんでしたが、すごかったらしいです。

せっかくなので三宅島でも一泊。まだガスが出ている場所もあり、昔噴火した爪痕がしっかりと残っていました。

 

 

御蔵島でイルカに会おう!

 

じゃじゃーん!御蔵島に着きました!なのに雨(´;ω;`)
御蔵島は元々雨の多い地域なので仕方ない。それではイルカに会いに行きましょ~!

 

御蔵島のイルカ遭遇率は98%!

 

 

これはもう期待できます。
御蔵島ではダイビングはやっていなくて、シュノーケルのみになります。ダイビングのエアーでイルカがびっくりしてしまうからです^^;

 

小舟に乗って沖に出ると、イルカの群れが見えます。その群れの先回りにして、イルカが来そうな方向からダイブし、イルカに向かって泳ぎます。するとバッタリ鉢合わせしたように、向かいからイルカの集団が泳いできます。

 

最初のダイブはあっと言う間。
ささぁーと行ってしまいました( ノД`)シクシク…

 

イルカと上手に遊ぶ方法

イルカと上手に遊ぶには、イルカの興味を引くことが大事!ただイルカを待っていても遊んでくれず、あっという間に通り過ぎてしまいます。

 

まずイルカの興味を引くには、深く潜ること。水面にいるより潜っていた方がイルカと同じ目線になるので、気をひきやすいです。

 

そして深く潜れたら、くるくる回ってみたり、イルカの様にドルフィンキックしたり、イルカの真似をしてみます。あとは鳴きまねしてみたり。

すると....。

気付いてくれたー!
一瞬ですが一緒にくるくる回ることができました(≧∇≦)

感激!!!!可愛すぎ!!!!!!!

その後も何度かダイブし、イルカと遊ぶことが出来ました。たしか30分くらいだったと思うんですが、あっと言う間。すごくいい経験になりました。

ドルフィンスイムはなかなかお高く、しかもビーチがないので、シュノーケルを練習する場所もありません。なのでイメージトレーニングして練習してから、潜った方がいいですね。あと絶対アウトなのはイルカに触ることです。

 

 

イルカ以外の楽しみも!御蔵島は山がキレイ!

実は御蔵島には大きな山が沢山あり、屋久島の様な樹齢何千年みたいな木がいっぱいあるそうです。この山があるおかげで雨が多く、水がキレイでプランクトンが良く育つので、イルカが住み着いたともいわれています。イルカを見に行くだけでなく、せっかくならトレッキングも楽しんでみるのもいいですね。

 

街は小さく素朴で温かい

御蔵島は山が多いため、住むところが少なく街はぎゅっと凝縮されています。大きなホテルもなく、民宿とお土産屋さん、居酒屋があるくらい。

 

入島制限もあり、宿のない人は島には基本入れないはず。島に住む人の人数も100人以下と決められていて、長男以外は家を継ぐことは出来ないそう。その為自然とバランスの取れた環境が長く続いてるというわけです。

 

街を散策するとあっという間に周り終えてしまいますが、昔懐かしい風景が広がっていてのんびりした気分になります。お土産には伊豆の名物の椿油や黄楊(つげ)のくしが人気。グルメは有名なものはありませんが、島で釣れる魚や、山で獲れる明日葉の天ぷらは最高です。

あとはお隣が八丈島と三宅島なので、八丈島にダイビングをしに行ったり、噴火後の様子を見に三宅島に行ったり近隣の島に遊びに行くこともできます。

 

もちろん何本もドルフィンスイムを楽しむのもいいですが、せっかくなら様々な楽しみ方をしてもいいですね^^

 

ひーこ
御蔵島はイルカと人が共存するとても素敵な島です。

イルカに会いたい!と思ったら、ぜひ行ってみてください(*´▽`*)

 

 

 

-旅行
-

Copyright© ひとろぐ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.