『一生お金の不安なく、好きなことして生きたい』。強く楽しくたくましく生きる、とある女性起業家の成長録

ひとろぐ

旅行

2泊4日弾丸イタリア!フィレンツェ〜オルヴィエート〜チヴィタの行き方教えます。

更新日:


最近みょーにイタリアに行きたくて。
映画『ホタルノヒカリ』で綾瀬はるかが爆走したロケ地『チヴィタ』がすっごく気になる!

そんな時知り合いの方から『この日程でいいならフィレンツェ行きの飛行機のチケットあげるよ。俺マイル余ってるし。』と神の声。フィレンツェ行きのチケットをゲット!

というわけで3日間でイタリア旅行はできるのか?憧れの『チヴィタ』にたどり着けるのか?旅に出たいと思います(*´▽`*)宿は1泊15ユーロを予約して、2泊4日の弾丸ツアー決定です♫

 

チヴィタとは?


チヴィタとは、『天空の城ラピュタ』のモデルになったと言われている、断崖絶壁の上に立つ小さな街。別名『死にゆく街』と言われていて人口20人くらいしか住んでいません。

 

チヴィタへの行き方

チヴィタへの行き方は3つ。

①フィレンツェから電車とバスで行く。

②フィレンツェからのツアーで行く。

③オルヴィエートからタクシーで行く。


基本的にはツアーでない限り、フィレンツェが拠点になります。フィレンツェから電車でオルヴィエイトに行って、チヴィタまでバスで行くという流れになります。


今回はイタリアだからビザも必要ないし、チヴィタに行く列車やバスは予約なしで大丈夫です。ただできれば前日に経由地のオルヴィエートまでの電車チケットは購入しておくのがオススメ。フィレンツェから15ユーロくらい。時間帯によって値段は違います。

あとは時間とお金と相談。行ってみた個人的な感想としては、電車とバスで日帰り余裕かなーって感じでした。でもこの辺りは牧場が多いからチーズやワインの工房があるみたいで。ツアーで牧場に行けるなら、ツアーもアリだと思います。

 

チヴィタ弾丸ツアー出発!


今回はスイス・チューリヒ経由でフィレンツェへ。朝10時に成田を出て夕方18時50分にフィレンツェ着。
着いた日は、次の日の電車のチケットを購入して、早速美味いもの食べて飲んで爆睡。

 

さぁ!朝9時の電車でチヴィタに出発。昨日早く寝たせいか6時起床。フィレンツェをぷらついて、マーケットで大好きなモツのパニーノを食べてサンタ・マリアーノ駅へ。



ちなみにマーケットのパニーノは、超人気で朝からコレ目当てでかなり人が集まっています。美味いからとてもおすすめです。朝8時からやってるし、もしフィレンツェに行ったなら是非立ち寄ってみてください♫

いざ!オルヴィエートへ

まずは電車で2時間半。
オルヴィエートに向かいます。

オルヴィエートに着いたら、まずはチヴィタへのバスの時間をチェック&チケットを往復で購入。オルヴィエート駅のとなりのバールで片道1.3ユーロです。バス時間もバールの壁に貼ってあります。

 

チヴィタ行きのバスはとてもわかりにくく、正式名所が『チヴィタ ○○ ○○』←イタリア語わからなすぎる^^; チヴィタだけ言ってもあまり通じません。(元々イタリア人は英語は話せない人が多い)


なので画像を持って行って、ここに行きたいんだ!と伝えると教えてくれます。似たようなバスがいっぱいあって、わかりにくいので早めに行動するのがいいでしょう。バスの数は2時間1本くらいです。

 

オルヴィエートに到着!


今回はチヴィタがメインだけど、オルヴィエートも丘の上に旧市街があって、すごく可愛い街です。10分に1本でてるトロッコに乗ると3分で着いて、メインの街まではバスがでてて3分くらい。

 

地下道探索ツアーもあるので、朝一でオルヴィエートに行って、このツアーに参加&街ぷらするといいですよ!わたしはオルヴィエートに着いたのは11時半で、オルヴィエートでのんびりしてチヴィタに向かったのは15時過ぎ。朝一で来なかったから、時間がなくて地下道探索ツアーは断念!行きたかった~。

 

オルヴィエートには語学学校があって、サッカーやフットサルで留学する日本人に会うこともあります。わたしも困っていたとこをオルヴィエート在住の日本の男の子に助けてもらって、オルヴィエートを案内までしてもらいました。お礼にジェラートをおごったら、とっても喜んでくれました。

 

プロフットサル選手らしく、今後の活躍が楽しみです♫日本の若者がイタリアで頑張っていると思うと、なんだか勇気貰いました^^オルヴィエートとっても素敵で夜もいいバーなどがありそうなので、もし行くならオルヴィエートに一泊してもよさそうです。

さてさて、チヴィタへ。

チヴィタ行きのバスは、オルヴィエートの駅前のバス停から出てます。そこからバスが沢山出てるから、必ず運転手さんに確認してから乗ること。

『スクーズィ(すいません)。チヴィタ?』で画像を見せて確認OK!

かなりローカルで地元の人でギュウギュウになります。とはいえ平和な田舎街なので、危険な感じはしません。オルヴィエートからチヴィタまで約30分のバス旅行♫移動中、オルヴィエートの全貌も見えますよ(^-^)

チヴィタに着いたら、まず30分は街まで歩くので覚悟してください(笑)
バス停から見所までは結構遠い!

道は地元の人に聞きながら。単純な道だけど、遠いから聞いた方が確実です。んで、歩くこと30分チヴィタが見えてきます。

 


キターーーーーーΣ(゚Д゚)
ヤバい。超美しい。美し過ぎる。
300mの橋を越えると、超可愛い街登場♡

 

チヴィタの街は街並みがステキなだけで、見所があるわけではないので1時間もあれば見終わってしまいます。


でも猫がやたら多くて、古い街並みと猫がとっても可愛いかった♡チヴィタでは、可愛い雰囲気の街でのんびり過ごすのがオススメです(^-^)

でも帰りも30分歩くので、時間配分はお忘れなく。

あと、ビフテッカ(Tボーンステーキ)とブルスケッタ(パンにトマトのっけたもの)が名物だそう。あ!でも、大きい声じゃ言えないけど、ブルスケッタは不味かった…。

あと余談ですがチヴィタの猫はカメラを向けると何故か止まってポーズをとってくれます(本当に!)しかもみんな(笑)

なんて可愛いヤツらだ…。
猫好きにはたまらないっす…。

という感じのチヴィタ旅でした^^

んで、ふたたびオルヴィエート。また2時間半かけてフィレンツェへ。

 

フィレンツェでは、さすがに1人じゃレストランに行けず、お惣菜とワインで宿でダラダラ。やっぱりイタリアは誰と来た方がいいなぁと来るたびに思います。


そしてオルヴィエートは夜も素敵なようなので、泊まってみるのもアリだと思います(^-^)
チヴィタはライトアップしてるのかな?してたら相当キレイそう。

 

ひーこ
というわけで、イタリア弾丸ツアーは無事楽しく終わりました。

フィレンツェ〜オルヴィエート〜チヴィタは治安もいいし簡単に行けます!

1泊オルヴィエートでもいいですし、朝一でオルヴィエートに行って地下道探索ツアーしてチヴィタに行くのもオススメです。

マジでアメージングな景色が待ってるので、ぜひぜひ行ってみて下さい。

感動しますよ(≧∇≦)

-旅行

Copyright© ひとろぐ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.