ヒッチハイクのコツ!日本中を旅した私が、初めて&女性でも安全なやり方教えるよ。

ヒッチハイクで旅をしたいけど、ちょっと怖いなぁとか、どうやってやるのかわからない…。

そんな悩みありませんか?

私も最初ヒッチハイクする時はドキドキしたんですが、いざやってみると…めちゃくちゃ面白い!!!

現地の人にしか聞けない話や、一緒にご飯を食べたり、普段体験できない人との出会いがとても素敵な思い出になります。何より、交通費もかなり節約できますしね。

とはいえ、ヒッチハイクは苦戦する人も多く、危険な目に会う人もいるようです。

ここでは、日本中をヒッチハイクで安全に旅した私が、めちゃくちゃ成功率が高く安全なヒッチハイクのコツを伝授したいと思います(`・ω・´)

 

え?まだ画用紙とマジック使ってるの?!

ヒッチハイクのお決まりといえば、紙とマジックで行き先を書いてヒッチハイクする方法。

でもこれでは、いつまでも車が止まってくれない可能性もありますし、車も止まりたくても止まれない状況もあると思います。(直線道路とか交通量が多いとか)

これでは基本待ちのスタイルになるので非効率ですし、旅の時に小道具はかさばります。

なので私がやるヒッチハイクは、マジックや画用紙や段ボールなど小道具は一切使いません。

直接、ドライバーさんに交渉するんです。

題して、逆ナンヒッチハイク!!!

我ながらネーミングセンスの無さに絶望しますが、この逆ナン方式をすることでヒッチハイクすることで劇的に成功率がアップし初めてでも女性でも安全に旅することができます。

それでは具体的にどこで、どんな風にヒッチハイクするのか伝えていきますね!

 

ヒッチハイクのコツ①信号で止まっている人に声をかけよ!

私が一番ヒッチハイクで使っていた手は、信号機に止まっている人に声をかけること。

ここでのコツは、

安全そうな人にしか声をかけない
端的に手短に交渉すること!

これを徹底的にやっていれば、危ない目にあうことは激減しますし、成功率がめちゃくちゃ上がります。

ヒッチハイクの手順

手順はまず、赤信号で止まっていて安全そうな人を2組に目星をつけます。

それから、安全そうな人を近い方から順番に声をかけます。

近づいていって、「すいません!」と大きな声で声をかける。

すると車の窓が開く。

「◯◯に行きたいんですけど、途中まででいいので乗せて行ってもらえませんか?」

これで、OK!

人は笑顔で元気良く声をかけられると、悪い気はしない。

そして勢いがあると、思わず「はい」と言ってしまう傾向があるらしいw

赤信号の間に人を見極めて、交渉して、車に乗るという3ステップをやらなきゃいけないので、要件は短く端的に交渉します。

ダメならすぐ、次の組に行きます。

赤信号は短いので、せいぜい声をかけれて2組程度。

人を見極めて声をかけるので、変な車に乗らなくて済みます。

安全そうな人ってどんな人?

狙い目は、老父夫婦、夫婦、カップル、女性のみ、子供連れ。

基本的には、男性、若い集団、トラックは避けます。

安全第一を取るなら、この辺の人達は避けたほうがいいでしょう。

(でも普通にヒッチハイクをしていると、この辺の人達がよく止まってくれます。)

もちろんいい人も沢山いるし、偏見かもしれないですが自分の身を守るためです。

人を絞るだけで、ヒッチハイクの安全度はかなり上がります!

 

ヒッチハイクのコツ②高速のサービスエリア(sa)を狙う!

高速でのヒッチハイクも信号で声をかけるのと基本一緒で、人を選んで声をかけます。

偏見と言われようと安全第一です。

この時のコツなんですが、誰にでもついて行くというわけではなく、行き先をちゃんと聞いて把握して、自分の行きたい場所に近づくのであれば乗るようにしてください。

トラックの運転手さんなんかはすごい距離走りますから、行き過ぎちゃったり、ずっと一緒にいるのも大変かもしれません。

なので、自分の行動と一致するか聞いてから乗るか判断して決めてください。

とりあえず何でも乗っちゃうというのはおすすめしません。

他のパーキングエリアまで連れて行ってもらうというのでもいいでしょう。

パーキングエリアは、だいたいバスが通っています。

なので万が一ヒッチハイクでどうしても誰も捕まらなくても、最悪バスに乗れれば、目的まで行くことが可能です。

 

東京の用賀インターチェンジは難易度高すぎる

ヒッチハイクの聖地とも呼ばれている、東京の用賀インターチェンジ。

ここでヒッチハイクをする人は多いですが、ここはかなり難易度が高い。

理由は、見通しが悪く気づかれない。
そして、止まれない。

確かに遠くに行く車が多いから、長距離ヒッチハイクを狙うなら用賀の東京インターチェンジは狙いたいところ。

ローソン世田谷瀬田五丁目店前がうまくいくという話もあるけど、どこに行くかわからないから、進行方向の信号機で逆ナンするのが一番効率良さそうです。

 

と、私がやっているヒッチハイクはこの2つです。
この2つさえおさえておけば、だいたいの場所で素早くヒッチハイクは成功します!

 

北海道でのヒッチハイクは、道の駅を活用しよう

北海道のような広くて信号機もないような地域は、道の駅で乗せてくれる人を探すといいでしょう。

北海道人の私が言うのもなんですが、北海道人は道の駅が大好きで、基本優しい人が多く、道外から来てくれている人を歓迎する傾向があります。

その北海道人の溜まり場が、道の駅。

長距離の運転の時は、必ずと言っていいほど道の駅に寄ります。

場所の交渉の時に、次の道の駅まででお願いします。

と言うと成功率が上がる気もします。

 

ヒッチハイクの礼儀作法

感謝の気持ちを忘れない。

必ず車に乗る時は、お願いします。降りる時は、ありがとうございました。と伝えること。

土禁車には、配慮する

車の中で、靴を脱いで欲しいという人がいます。そういう場合、だいたい靴を乗せるケースが用意されているのでその中に靴を入れるようにしましょう。

感謝は素直に答える

ヒッチハイクしていると、ご飯をご馳走してもらえる時があります。
ご飯を食べる時は、運転手さんが食べたい時です。

だからこちらが変に遠慮して断ってしまうと、運転手さんのご飯タイムを奪ってしまいます。

そして単純に若い人が可愛くて言ってる場合も多いです。

なので、ご飯をご馳走してくれる時はありがたくご馳走になって、お礼を言えば大丈夫です。

 

ヒッチハイクの注意事項

ヒッチハイクする時に、他の車の運転の邪魔になってはいけないです。

なので信号がない場所でのヒッチハイクや、車通りの多い道、高速道路、高速の入り口とかは止めておいたいいです。

あとヒッチハイクする時に、逆方向でヒッチハイクしてはだいた乗せてくれません。

せっかく止まってくれたのに、運転手さんにも迷惑かかるし努力が台無しです。行きたい方向でヒッチハイクしましょう。

 

女性がヒッチハイクする時の注意事項

女性がヒッチハイクする場合、やはり怖いのが男性。基本的に、向こうから近づいてくる人の車には乗らないようにしましょう。

友達と2、3人でやっている場合は別ですが、女性の場合はたまに悪い奴らもいます。

山に連れ込まれて暴行されたり、レイプされたり。
田舎で人の優しで癒される時もありますが、田舎にも悪い人はいます。

短いスカートや短パンでヒッチハイクしない。
夜はヒッチハイクしない。
むやみに信用しない。
近づかない。

逆ナン方式でヒッチハイクしていればそんなに危ないことはないとは思いますが、何かあってからでは遅いですし、何かあって自業自得にならないように自分の身は自分で守れるように注意していきましょう。

 

高速道路でヒッチハイクして、えらい目にあった体験談

まだヒッチハイクを闇雲にやっていた頃。

九州でヒッチハイクしていて、どこかのサービスエリアで降りることになりました。

そのサービスエリアではなかなか人が捕まらず、高速道路でヒッチハイクすることにしました。

車はビュンビュン通りすぎるし、誰も見向きもしてくれない。

そんな時に、黄色い車が登場!

まさか、これは高速警備隊!!!

「君たち!こんな所で何やってるんだ!乗りなさい!」

と車に乗せられ、サービスエリアに戻されました。

そしてその後、しこたま怒られ、その後解放。

今思えば、高速道路で止まって車にひかれて亡くなる人もいるくらいなので、高速道路でのヒッチはめちゃくちゃ危ないです。

車も止まったら追突されるかもしれないので、止まりません。

高速道路でのヒッチハイクはリスクしかないので、やめときましょう><

安全なヒッチハイクの方法がわかったところで、私のヒッチハイク体験談を少しお話しします。

 

ヒッチハイク体験談

ヒッチハイク体験談① トラックが3台停まった話

待ちスタイルのヒッチハイクをしていると、どえらい車が止まることがあります。

高校生の時、友達3人とヒッチハイクしていると大型トラックが一台止まってくれました。

3人でいることを伝えると、3人は乗れないなぁーと言われてしまい、どうしようかなーと困っていました。

そしたらそのトラックの運転手さんが、他のトラック仲間に無線で連絡してくれて、続々と3台のトラックが集まりました。

その時は何も考えてなかったので、
トラックに乗れるなんてすごーい!とか言って、

一人一台トラックに乗り込みヒッチハイク成功!

でっかいトラックだから、眺めは最高。

ヒッチハイク合コンみたいになりながら、6人で無線でワイワイしながら移動できたのはすごく楽しい思い出になりました。

今だったらトラックは怖くて乗れないですが、トラックの運転手さんももちろん優しい人は沢山います。昼間で友達と一緒なら、トラックでも大丈夫かもしれないですね。

 

ヒッチハイク体験談② 別府で家族ぐるみの付き合いになった話

九州をヒッチハイクで旅している時に、別府で素敵な出会いがありました。

その時は雨が降っていて、傘をさしながらのヒッチハイク。

1時間声かけてもなかなか乗せてくれる車がなくて、夕方になって暗くなってきて、周りにも何もなくてかなり絶望的に。

そんな時に止まってくれたのが、一人の女性。

70歳くらいなのかな?

優しそうなおばあちゃん。

「寒かったでしょ?家で温まっていきなさい。」

「大丈夫です。悪いですよ!」

「いいから。いいから。」

ちょっと強引だったけど、お家まで連れて行ってくれました。

お家では、ご飯をご馳走になり、お風呂まで入れてもらい。

すっかりお世話になってしまいました。

結局、泊まらせてもらえることになり、夜はおばあちゃんと沢山の話をしました。

おばあちゃんの子供との思い出話。

熊本弁は何を言ってるかわからないってことや、別府の温泉は最高だった話とか。

沢山話して、すっかりおばあちゃんと仲良くなりました。

いろんな話をして、最後におばあちゃんがこう言いました。

「またいつでもおいでね。

あんた達と別れるのが寂しくてしょうがいないよ。」

なんだかこっちまで寂しくなっちゃって、別府に新しい家族ができたようでした。

今思えば、おばあちゃんの子供達はなかなか帰ってこないと言っていたから、私達が娘みたいな感じだったんだろうなーと思います。

それからも九州旅の途中に、おばあちゃんには何度か絵葉書を送りました。

今、博多にいるよー!とか、
明太子うまいよーとか、
ハウステンボスにでかい靴があって面白かったよーとか

たわいもない内容だったけど、
きっとおばあちゃんは喜んでくれていたと思います。

おばあちゃんとの出会いは、九州の旅をすごくいい思い出にしてくれた素敵な出会いでした。

こういう人との触れ合いができて、特別な経験や思い出ができるのがヒッチハイク旅の醍醐味。

交通機関で旅するのももちろん楽しいけど、こういう出会いがある旅もやっぱり好きだなーと思った瞬間でした。

 

ヒッチハイクで日本縦断だって可能?!

ヒッチハイクを極めれば、日本縦断だって可能です。

ヒッチハイクで長い間車がつかまらないと、時間ばかりかかってしまって心が折れます。

のんびりヒッチハイクするのもいいですが、時には短期決戦でヒッチハイクを成功させることも大事です。

ヒッチハイクは海外でもいけるのか?

私は海外では海外でヒッチハイクした事ないのでわからないですが、国によっては危険なイメージがあります。

それであれば、乗り合いサービスで安く車に相乗りさせてもらうのがいいのではと思います。

例えば、UberとかLyftとか、アプリで簡単に使えます。

私もマレーシアに行った時に、都心から離れた場所に泊まっていたのでUberをめちゃくちゃ使っていました。

安いし、基本安全だし、自分のいる場所にピンポイントに来てくれるからすごい便利でしたよ。

安全なヒッチハイクのコツ まとめ

ヒッチハイクは、交通費が浮くだけでなく素敵な出会いや、特別な経験や思い出ができるのでぜひやって欲しい。

でも危険な思いをしてしまうと、その思い出が台無しになってしまいます。

なので注意事項を守って、逆ナンヒッチハイクで人を選んで声をかけて、安全なヒッチハイクをしてくださいね。

それでは、良い旅をヽ(*゚∀゚*)ノ

 

 

無料メルマガ講座はじめました!

私は自由に旅をしながらでも、月180万円以上稼いでいます。

私も昔『どうしたら働きながら旅ができるんだろう?』ずっと考えてきました。

色々やってみて、ネットを使ってビジネスをすると時間も場所も自由になることが分かりました。

でも、ただ闇雲にやっても、なかなか成功できません。

正しい知識を学んで、正しい方向に努力し続ければ、誰でも月30万円くらいは稼げます

私がどんな方法で、稼いでいるのか?具体的な方法を無料メルマガで公開しています^^

↓↓クリック↓↓