病気で苦しむ人達へ。辛くても諦めずに行動すれば、人生は必ず変わることを知ってもらいたい。

こんにちは!ひーこです。

今日は、
私のもうひとつの起業ストーリーをお話していきます。

 

今は世界中を自由に呼びまわっている私ですが、

実は過去に1年間にわたり入退院を繰り替えし
闘病生活をしていた経験があります。

健康だけが取柄だった自分が
どうしてこんな風になってしまったのか?

そこから私がどう変わっていったのか?

もし病気で苦しむ人がいたら、
人は行動さえすれば人生を変えられるんだって知ってもらいたい。

私の活動が病気で苦しむ人達の
少しでも励みになればと思っています。

そして今健康な人でも
病気は決して他人事ではないことなので、
自分ならどうする?という視点で読んでもらえたらと思います。

 

『もし過去に戻れたら?』

こんなこと考えたことありませんか?

私は人生で一度だけ、
猛烈に過去に戻りたいと思った時期があります。

 

それは当時、
私がまだ旅をしては
仕事を辞める生活を繰り返していた頃。

最後に世界一周に行って
この働き方をやめようと決心して、
銀座のキャバクラで働きながら頑張ってお金を貯めていました。

働きながら同時に起業に向けて
資格取得に燃えていました。

そしてFP資格を取って、お金も目標金額を貯め終わり、
やっと準備ができて、よし!世界一周行くぞ!って思ったんですが

なんか最近
背中が重い。

体が重いというか。
普通に座っていられない。

一時はわたし呪われてるのかな..とか妄想しつつ

世界一周に行ったら
しばらく病院に行けなくなってしまうので、
その前に病院に行って検診を受けてみることにしました。

 

何度か病院に行き、いろんな検査を受け、
最終的にお医者さんに言われたことは…。

 

「ガンです」
「若いのでびっくりするかおしれませんが、頑張って治療していきましょう。」

。。。。。。。!?

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇええええええぇえぇ?!

ガンーーーーーーーーーーー?!

まだ20代で、そんなことってある?!

 

健康だけが取り柄なような人間が、
病気の極みのようなガンにかかるなんて。

そんな意地悪なことあるんだろうか。

当時わたしは28歳で、
こんな若くしてガンになるだなんて夢にも思っていなくて。

最初は全く現実が受け入れられませんでした。

しかもステージは2期bで、
決して早期発見ではなく、

あと一歩遅かったら。
もし病院に行かずに世界一周に行っていたら、

私はこの世には、もういなかったでしょう。

これから世界一周という長年の夢が叶うはずだったのに、
まさかの癌。

考えてもない結果でした。

本当に悔しくて、辛くて。

癌になってしまった自分を

なんで私なんだろうって、
自分をものすごく責めました。

治療や今後の未来への不安。

どうしてもっと早く気づかなかったのか?
どうしてもっと早く病院に行かなかったのか?

という後悔で胸が押しつぶされそうで
何度も泣きました。

そのとき過去に戻りたい!
って本気で思いました。

そして命も大事だけど、
長年の夢をなんとかして叶えたかった。

結局、長年の世界一周は目前にして、
断念せざる得ない状況になりました。

きっとアホなわたしに『ガン』は、
神様が与えた試練だったんだと思います。

徐々に状況が飲み込めるようになってからは、
今までの人生が本当にアホだったなーと反省しました。

好きなことをして人生を過ごしてきたのに、
自分が幸せだって思ってなかったから。

健康な体があって、
やりたいことを毎日やって、
一緒に笑ってくれる友達がいて、
遠くから見守ってくれる優しい家族がいて。

それなのに、
どうしてこの毎日を幸せと思えなったんだろう…。

 

銀座のきらびやかな生活から一転。

北海道の実家に帰り、
まずは抗がん剤治療のため髪の毛をバッサリ坊主にしました。

3日前まで銀座勤めで、
毎日ヘアメイクさんにバッチリ巻いてもらっていた髪が

短期間で坊主になるというこの変わりよう。

ドレスを着て、
銀座で美味しい食事と高いお酒を毎日飲んでた。
素敵な大人で溢れてる
キラキラした大人の街が、私は大好きだった。
北海道の地元の星空も好きだけど、
都会の灯りは私には刺激的で自分を成長させてくれるパワーをくれた。
それが今はパジャマで家から一歩も出ない。

化粧もしない。

抗がん剤の影響で顔色も悪い。

具合も悪い。

どん底ですよね。

周りの友達は結婚したり、友達と遊んだり、旅をしたり。
普通の生活を送ってる。

健康であれば何でもできる。

わたしは当たり前のことが
当たり前のことがにできなくなって、

自分の未来や可能性が潰れた気持ちになりました。

そして人に病気のを話すと
最後に決まって自分は良かった、と言われる。

私は人より可哀想な境遇なんだ。

この苦しみは、誰にも分って貰えないんだ。

その頃から人と話すのが嫌になり、
自分の殻に閉じこもり

ひたすら人に合わないように
人目を避けるような生活をしていました。

 

手術に向けて抗癌剤治療で入退院を繰り返し、
自分なりにも様々な方法試したり、
いろいろと努力する日々が続きました。

 

治療をしていると、
今後の人生や生活を考えると様々な治療の選択肢が出てきます。

私は極力、元の健康な身体に戻りたかった。

でもそれにはどうしてもリスクが伴ってしまい、
お医者さんとはかなり話合いを繰り返した。

健常者に戻りたい。
みんなと同じように私も幸せになりたい。

ただ、それだけのことなのに
それが叶わなくて

あまり無茶なことを先生に言うと、
『そんなことしたら、本当に死んじゃうよ。』なんて脅されて。

私の担当医はいつもにこにこしている
優しい先生だったのに、

真面目な顔して『あなた死にますよ?』って言われると…。

さすがに、いつも楽観的な私でもビビリます。

当時は夜中、
家族や同じ部屋の人にバレないように声を殺してよく泣きました。

 

そして入院生活を始めて半年後。
いよいよ手術を受けるとき。

緊張していると…。

トントンとドアを叩く音が。

『明日手術でしょ?』

友人達が訪ねてきてくれて、

『手術頑張ってね^^』

『絶対、大丈夫だよ!』

という言葉と、千羽鶴のプレゼント!!!!

これには一気に緊張の糸がほどけて号泣。

 

ずっと治療中、
『きっと大丈夫!そう簡単に死なないよ。』

って自分に言い聞かせていたから。
でも、やっぱり心のどこかでは不安でたまらなくて。

 

この大きな大きな千羽鶴は
私の身長くらいあって、

4人の友人が手分けして『手術の前に絶対に渡そう!』
と頑張って作ってくれたものでした。

 

よく千羽鶴を飾っている人が病室にいて、
「こんなものもらってどうするんだよ邪魔だな」って思ってた。

でも本当はただ羨ましくて、
心のどこかで面白くない目で見ていました。

千羽鶴もらえる人って幸せなんだろうな。
愛されてるんだろうな。

私はこんなの
もらえないだろうなって決めつけてた。

 

普段折り紙なんて
するようなタイプじゃない友人たちが
一生懸命作ってくれたことを想像すると嬉しくて。

しかも千羽鶴なんて初めて作るものだから、
規模感がわからないから本当に千羽いる千羽鶴を作ってくれて。

『これじゃ大きくて病室に飾れないよ』っていうほど。

今までどの病室で見てきたものより大きくて。

その不器用さや大きさが、
『早くガンを治して元気になってね!』

ってみんなの気持ちの大きさに感じて、嬉しくて涙が止まりませんでした。

 

この時、
『あぁ。こんなに心配してくれる友達がいて、なんて幸せなんだろう。』

『コレじゃ、死ねねーな。』

『人って生きてたら、いいことあるもんだな。』

って本気で思いました。

 

ガンの手術目前にして、
やっと自分の人生も捨てたもんじゃないなって思えた瞬間でした。

人生で一番素敵で最高のプレゼントを
人生で一番の生命の危機にもらい、
絶対生き延びてやるという原動力をもらうことができました。

 

手術も無事終わり、
術後の抗がん剤を半年受け、治療開始から丸一年が過ぎ。

すべての治療が終了し、元の生活に戻ります。
病人ではなく一般人として。

もう生粋の健康優良児じゃないけど、
これから何ができるか?

 

人生いつ何が起きるかわからない。

だからこそ、
めいいっぱい好きなことをして自由に生きよう。

そして、人生は一度きり。
仕事ばかりの人生なんてまっぴらだ。

とにかく楽しく今を生きる。
後悔しないように、夢を叶え続ける人生にしたい。

その為に、

『自分でお金を稼ぐ力を身につける』

『働かなくても報酬が発生する仕組みを作る』

これが今の私には必要だと思いました。

 

色々なものを試しましたが
最終的に私が選んだ仕事は、
ネットビジネスでした。

選んだポイントは、
時間と場所が自由で、
かつ、たくさん稼げる可能性がある。

人に迷惑をかけず、
社会貢献できて、
自分の力だけで稼いでいくことができたからです。

 

以前資格をとっていた
ファイナンシャルプランナー時代のコンサルは、
癌が再発したら迷惑かけてしまうし

飲食店も長時間立ち仕事をする自信はない。

普通の会社員として
健康な人と同じペースで1日8時間は働けない。

いい意味でもネットビジネスを選んだけど、
逆を言えば、もうネットビジネスしかできないんじゃないかっていうのもありました。

だから、もし癌にならなかったら、
健康な身体だったら、未だに安い給料で会社員続けていたかもしれません。

 

ネットビジネスを始めて、
1年2年と続けていくうちに安定して稼げるようになりました。

結局私は、
癌宣告されたので船で世界一周は過去にしていますが、

自力での世界一周はできませんでした。

ただ、定期検診の間を隙間を縫って、
色んな場所を自由に旅しています。

そして今年念願だった、
世界一周に行くことになりました!

当初の計画よりちょっと短いですが、
頑張った甲斐がありました。

それもネットビジネスを諦めずに頑張り続けたからです。

 

ネットビジネスなら

病気でベッドから動けなくても、
まともに歩け無くても

場所や時間が自由なので、健康な人と平等なチャンスがあります。

だから私は、時間をたっぷり使えて
病院や家で過ごす時間が多い

病気の人こそ、
実はチャンスがあるんじゃないかと思います。

 

病気になることは辛いです。

それはもう変えられない事実で、そこをどうして自分が…とか、あの時こうしていれば…と考え続けても答えはでません。

でも、未来は変えられます。

病気は不便なだけで、不幸じゃない。

そりゃ私だって、
できることなら癌になんかなりたくなかった。

でも癌になったからこそ、ネットビジネスに辿りつけて、これしかないと!と思うものを見つけられた。

消去法で決まった仕事だったけど、
私はネットビジネスに辿り着けて本当に良かったと思っています。

 

努力次第で、病気でも自由で理想の未来を手に入れられるから。

だから私は今は辛くても、諦めないで行動することで、人生を変わることを知ってもらいたい。

自分で稼ぐ力を身につけるということは、自分の人生を大きくチェンジできる可能性を持っています。

もしこの記事が、病気の人の希望になれたら嬉しいですし、行動するきっかけになったら嬉しいです。

自分で稼ぐ力を身につけて、
一緒に人生を変えていきましょう!

心から、応援しています。

それでは!

 

無料メルマガ講座はじめました!

私は自由に旅をしながらでも、月180万円以上稼いでいます。

私も昔『どうしたら働きながら旅ができるんだろう?』ずっと考えてきました。

色々やってみて、ネットを使ってビジネスをすると時間も場所も自由になることが分かりました。

でも、ただ闇雲にやっても、なかなか成功できません。

正しい知識を学んで、正しい方向に努力し続ければ、誰でも月30万円くらいは稼げます

私がどんな方法で、稼いでいるのか?具体的な方法を無料メルマガで公開しています^^

↓↓クリック↓↓