同期に負けて死ぬほど悔しかった。プライドを捨てて学ぶ事は、人生をどれだけ変えるのか?

 

こんにちは!ひーこです。

今日は、同期に負けた話。

正直めちゃくちゃ悔しかったです。

 

でも悔しい思いをした後どうするか?で

それがいい経験になるのか、

負癖をつけるのかの境目になる。

そんな経験談について話していきたいと思います。

 

私は2013年にネットビジネスに参入しました。

当時は、サイトアフィリやTwitter。

様々なノウハウをうろうろしていましたが、

利益も出てきて仕事にやりがいも感じていました。

 

そんな時に、

ずっと影響を受けてきた人が

塾を始めたので入塾することにしました。

 

東京で開催されていたので、

ちょこちょこと東京に行ってはセミナーに参加して

セミナー後は懇親会があって、

様々なジャンルで起業している人がいたので

とても楽しく交流させてもらっていました。

 

それで同じ受講生のとある男性に

今度メシでも行きましょー!と言われたので、

セミナー前にランチに行くことになりました。

 

その男性は、当時20歳だったかな。

某有名大学の大学生で、

私と同じネットビジネスを始めたばかり。

 

その人もサイトアフィリだったり、

Twitterや物販いろいろ手広く事業していた。

アフィリの収入も一緒くらいだし、

私のTwitterの最高月収は240万円だったけど、

彼も同じくらい稼いでいていいライバル的存在だった。

 

しばらくしてその塾は終わって、

私は東京に行く機会がなくなったので

彼に会う機会はなくなった。

 

3年後、私はPPCの勉強のため、

また他の塾に入った。

 

それを機会に東京に住み始めたので、

また彼に連絡を取ってみた。

久しぶりに会うことになり、

お互いの現状を話して大いに盛り上がった。

 

その時、

私は3年前とそこまで変わらない収益だった。

仕事の方向性は決まっていたもののパッとしてはいない。

 

でも自営業で食べていけていること

自体がすごいと思っていたし

これからやり続けていれば、

もっと稼げるようになるだろうと思っていた。

 

でも彼と仕事の話をして、

彼の成長の仕方が半端なさすぎて

悔しくて、悔しくて、たまらなくなった。

顔では笑ってるけど、腹わたは煮えくり返っていた。

 

というのも、

彼は23歳にして月収500万円はゆうに超えていたからだ。

聞いた時私は目を丸くした。

はぁ?23歳で月収500万円???

なんだよそれ。

 

私が23歳の時なんて、

旅したくて仕事やめてをぷらぷらしまくってる時。

月に100万円を超える収入を得たり、

自分一人でビジネスができるなんて

全く考えられない世界だった。

 

彼とはネットビジネスを始めたのはほぼ一緒の時期。

セミナーも一緒。

つまり、同期だった。

 

それなのに自分は、

月数十万をウロウロしていて。

しかもそれで、

満足してしまっていた。

 

同期に抜かれた悔しさもあったけど、

自分の呑気さに心底呆れた。

 

そこからめちゃくちゃ悔しくて、

頑張りまくって

私も月の収益が100万越えるようになっていた。

 

それから彼とは

たまに会って飲むような関係だったんだけど、

会うたびに収益は増えていたし、

ネットビジネスから飛び出して

自分の得意なことを生かして

どんどんビジネスを展開するようになっていた。

 

私は正直焦った。

その時はサイトアフィリしかやっていなくて、

好きな事をビジネスに転換することは

到底できないと思っていた。

 

過去に何度か旅を仕事にしようと試みたけど、

当時はうまくいかなかった。

でも彼はスイスイと先に進んでいく。

もう完璧マインドから全てが違っていた。

 

どうしたら、

旅を仕事にできるのか?

もっと収益を上げられるのか?

ベストは尽くしてるけど、

自分の中ではもうどうにもできなかった。

 

そんな時に、

彼がマーケティングの塾を始めた。

 

でもその塾は他の塾に比べて

べらぼーに高くて、

3ヶ月で120万円もした。

 

私は入塾するか迷っていた。

金額も引くけど、

何より年下の同期に弱みを見せることが

嫌で嫌でたまらなかったから。

 

塾に入る事はかなり戸惑った。

その塾に入るということは、

自分は彼より稼いでいないことを認めることになる。

 

自分も対等でいたかったし、

そんな姿を見せたくなかった。

情けないし、恥ずかしいし

もうとにかく嫌だった。

 

でも、私は入塾した。

人生を変えたかったらから。

働き方を変えたかったから。

プライドを捨てた。

 

塾に入って、

マーケティングや仕組み化。

様々なことを学んだ。

 

同じような志を持つ、仲間もできた。

みんな世の中を面白くしたいとか、

本物を伝えたいとか素敵な理念を持っていた。

そういう仲間と仕事を話をするのは本当に楽しかった。

 

私も働きながら自由に旅する仲間を増やしたい。

そういう気持ちから、習った事を駆使して仕組みを作った。

 

やっていくうちに、

ポロポロと報酬が上がるようになり

好きな事を仕事になる手応えを感じた。

 

働きながら自由に旅ができて、

旅が仕事になりはじめた。

サイトアフィリエイト以外に、

新たな収益に柱を手に入れることができた。

 

正直、

最初は同期に負けを認める事は死ぬほど悔しかった。

 

でもプライドを捨てて学んでみて、

塾に入って本当によかった。

好きな事を仕事にできるようになって、

人生を変える力を身につけたから。

 

これからは変なプライドなんか持たずに、

学びたいことがあればどんどんその道に飛び込んで行こうと思う。

だってそれが一番最短ルートになって、

自分をもっとも成功させてくれるってことはよくわかっているから。

 

そして彼とは今後も

良きライバルでありつつ

いい仲間でいたいと思っています。

 

おしまい

 

このことがあってプライドって

本当邪魔だなーと思ったんですよね。

 

プライドなんてあたって、

逆に自分の可能性を狭めてしまう。

学ぶ機会や新しい世界を飛ぶこむ機会を

奪ってしまうと思うんですよね。

 

現に私ももしプライドがなかったら、

もっと早くに彼のコンサルに申し込んだり

彼の教材を買ったりしていたと思うんですよ。

 

そしたらもっと早く

旅を仕事にするということができていたかもしれません。

 

ただ、誰にでもあることだと思うんです。

会社でちょっとしたことがわからないけど、

初歩的なことで今更聞きにくい。

とか。

年下に偉そうに言われるのがムカツク。

とか。

本当は質問したいけど、

アイツに聞くのだけは嫌だ。

それなら自分で何とかする。

とか。

 

会社員時代わたしもあったんですよね。

 

でも、

自分のちっぽけなプライドなんてあってもしょうがない。

人に聞くとか、人から学ぶという事は

いくつになってもどんな時でもいい行動であって恥ずかしい事じゃない。

 

自分が気にするほど、

人は誰も気にしていません。

新しい世界に飛び込むのに、躊躇はいらない。

 

自分が進化することは

いいことなんだから、

どんどん進むべきだと私は思います。

 

プライドなんてものは

未来の足枷にしかならなりません。

 

そして悔しいというのは気持ちは、

本気になるきっかけ。

悔しい!って気持ちをバネにして、

これからも進化し続けようと思います。

 

この話があなたの学ぶきっかけになれれば嬉しいです。

 

PS 彼が行っていたビジネスの詳しいやり方は、

また別の機会にシェアしていくので楽しみにしていてくださいね!

 

 

無料メルマガ講座はじめました!

私は自由に旅をしながらでも、月180万円以上稼いでいます。

私も昔『どうしたら働きながら旅ができるんだろう?』ずっと考えてきました。

色々やってみて、ネットを使ってビジネスをすると時間も場所も自由になることが分かりました。

でも、ただ闇雲にやっても、なかなか成功できません。

正しい知識を学んで、正しい方向に努力し続ければ、誰でも月30万円くらいは稼げます

私がどんな方法で、稼いでいるのか?具体的な方法を無料メルマガで公開しています^^

↓↓クリック↓↓